1. TOP
  2. 今更聞けないいまさら紫外線対策・光老化・室内日焼け:紫外線対策をしない人の特徴

今更聞けないいまさら紫外線対策・光老化・室内日焼け:紫外線対策をしない人の特徴

紫外線が強い季節になってくると、そろそろ紫外線対策をしなくてはと思い始めるようになるはずです。

紫外線対策

しかし紫外線は一年中浴びているようになりますので、本来ならば一年を通して毎日紫外線対策をしていかなくてはなりません。

本ページでは

  • 紫外線対策をしない人の特徴
  • 今更聞けないいまさら紫外線対策
  • 光老化

について紹介します

うっかり紫外線を忘れてしまう

「面倒だから」が5割、つい忘れてしまうが2割

それを知っている人だったとしても、紫外線対策をせずに過ごしている人もいますが、なぜ対策をしないのでしょうか。

その理由の中には、以下のものがあります。

紫外線対策をしない理由

紫外線対策をしない理由
  • うっかり忘れ
  • なげやり
  • 忙しい
  • 面倒

うっかり紫外線を忘れてしまう

うっかり紫外線を忘れてしまううっかり忘れに関しては、毎日紫外線対策をしていない人は、癖がついていませんので、日焼け止めをぬったり、日傘をさしたりというのを忘れがちです。

化粧をした後には日焼け止めを塗ることはできませんので、そのままになってしまうでしょう。
日焼け止めをぬろうと思えば、化粧をする前に塗らなくてはなりませんので、せっかく化粧をしたというのにわざわざ落としてまで一からやり直すのは面倒と考えてしまいます。

日傘に関しては家を出かけるときに忘れていれば、さすことはできません。
忘れないようにするためには、カバンにいつも折り畳みの日傘を携帯しておくといいでしょう。

いまさら紫外線対策なんて

なげやりになってしまう理由としては、いまさら紫外線対策をしたところでさほど変わらないだろうと思い込んでいるという点があります。

人前で化粧を落とすことはないと思っていたとしても、旅行などに行けば化粧を落とさなくてはなりませんので、人前ですっぴんになることになります。
紫外線で怖いのは皮膚がんなどの怖い病気につながるという点です。

紫外線対策をしていなければ、シミなどが出来る量は対策をしている人と差が出ますので、なげやりになることなくきちんと対策をしていかなくてはなりません。

忙しくて何度も塗り替えしていられない

忙しいに関しては、肌の露出しているところすべてに日焼け止めを塗るのが面倒と思いがちです。
顔だけであればさほど時間はかかりませんが、それ以外の部分もとなれば時間がなければ塗るのは大変ではあります。

出かける前の忙しい時間に手間をかけている時間はありませんし、慌てて塗って、まだらになるようなことになってもいけません。

それならば最初から塗らなくてもいいと思う人もいますが、忙しくても5分から10分もあれば塗ることはできるはずですので、忙しいを言い訳にせずに時間調整をしてみるといいでしょう。

飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)
そんな塗り直しの煩わしさを感じている方に朗報です!
今注目の「飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)」です。
「飲む日焼け止め」は朝飲んでおけば一日効くので、うっかり忘れや、面倒な塗り直しから解放されます。
私自信、塗り直しはサボっているタイプでしたので、日焼け止めサプリはかなりありがたい存在です。

面倒くさくて日焼け止めをサボってしまう

面倒くさくて日焼け止めをサボってしまう

面倒に関しても、忙しいのと同じような理由があるはずです。
美容に関してあまり意識をしていない人にとってみれば、化粧をするだけでも面倒だというのに、さらに日焼け止めを塗る手間を煩わしく思いがちです。

しかし頑張って紫外線対策をしていく事によって、努力が報われ白くて美しい肌を維持していくことが出来ますので、面倒と思わないようにしましょう。

光老化とは
紫外線対策を怠ることによって起きるのが、「光老化」です。
肌の衰えの実情としては、高齢になってくることによって起きている自然老化は、ほんの二割程度しかありません。

その他の理由

残りの8割に関しては太陽光線の影響によって出てくると考えられています。
肌にハリがある人や、美しい人は光老化による衰えが少ないと考えられますので、どれほど紫外線対策が重要かがわかってきます。

紫外線の肌への影響を知ることによって、今の自分に対していいの?それでという気持ちが湧き出てくるはずです。
今まで通り紫外線対策を怠った生活をしていると、何年後、何十年後に後悔をすることは間違いありません。
紫外線対策をしていなければ、同窓会で久しぶりに会った友人たちを見て、自分の肌の衰えを感じることになるはずです。
あの時もっと対策をしていれば、こんな思いをしなくてもすんだのにと思わないためには、今からでも紫外線対策をしていく事です。

紫外線対策をして行くためには様々なことを言い訳にするのをやめて、対策を怠ることのないようにしていき、肌の衰えを防止していかなくてはなりません。

まさか、いまどき「日焼けが健康的」なんて思ってませんよね?

今までは、少しくらい日焼けをして色が黒くなったとしても健康的でいいと思っていたり、数カ月もすれば元の色に戻ることが出来ると思っていた人は、考えを改めるようにしなくてはならないでしょう。

例え数か月経過して白い肌を取り戻すことが出来たとしても、その中にはシミやしわなどが消えずに残っている可能性があります。

若いころにはいつの間にかきれいに戻っていた肌の色も、加齢とともに戻らなくなっていきますので、一年を通して紫外線対策をするようにし、室内にいる時にも油断をしないようにしなくてはなりません。

うっかりしがちな室内日焼け

うっかりしがちな室内日焼け室内ではつい屋外に比べて油断をしてしまいがちですが、窓の近くにいればたくさんの紫外線を浴びることになります。
過剰に紫外線を意識しすぎると生活はしにくくなりますが、出来る限りの紫外線対策をしていく事によって、肌の状態を保つことが出来ますので、今からでは遅いとなげやりになることなく、対策をしなくてはなりません。

\ SNSでシェアしよう! /

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア