1. TOP
  2. 強力な日焼け止めクリームならそれで良いわけではない

強力な日焼け止めクリームならそれで良いわけではない

日焼け対策として

  • 紫外線散乱剤における
  • 紫外線散乱剤の日焼け止め
  • 紫外線散乱剤のデメリット
  • 白浮きやべたつき

について紹介します。

春になって日差しが強くなってくると、買物に行ったり洗濯ものを干したりといった日常生活の中でも、紫外線からお肌を守るために日焼け止めクリームが手放せない季節になってきます。

絶対に肌を焼きたくないという理由から、 普段の日常生活でも、海やプールなどのアウトドアでも使えるような強力な日焼け止めクリームを選んだ 、という話も良く聞きます。

しかしいくら肌を焼きたくないからといって、普段から強力な日焼け止めクリームを日常的に使うことが、お肌にとって本当に正解なのかについて、検証してみました。

強力な日焼け止めクリームならそれで良いわけではない

肌負担について

結論から言うと、日焼け止めは正しく使わないと、肌に負担を与えてしまうことがあります。

白浮きやべたつき

強力な日焼け止めは、白浮きしやすかったり、べたべたしたりと、その肌への使用感に不満を持つユーザーも多いです。
これは、前述したようにウォータープルーフ効果を高めるために油分を多く使用していることが関係します。

紫外線散乱剤

日焼け止めクリームはウォータープルーフのものが多いまた、紫外線散乱剤という成分を含む日焼け止めは、効果も高い反面で使用感がべたついて不快に感じることも多いようです。

紫外線散乱剤はノンケミカルなのですが、その分汗や水に弱く、べたつきも強く出てしまうのです。
紫外線散乱剤が使われていないものを選んだり、ベビーパウダーを後からはたくことなどが有効です。

多くの日焼け止めクリームは、汗を書いても効果が薄れにくいよう、ウォータープルーフ成分が含有されています。
このウォータープルーフ成分は、油分をたっぷり含んでいます。油分を含んだ膜をお肌の上に直接載せている状態ですので、少なからず肌負担がかかってしまうのです。

ウォータープルーフ成分は強力な日焼け止めほど多く含まれている事が多く、強い日焼け止めが肌に悪いと言われるゆえんの一つです。

紫外線吸収剤が肌の刺激になる

最近は、ノンケミカルかつ紫外線吸収剤不使用の製品も多く登場してきましたが、多くの日焼け止めクリームには紫外線吸収剤という成分が含まれています。

この成分は、紫外線を吸収することで肌に直接浸透する紫外線を減らしてくれる役割を持ちます。
紫外線吸収剤が紫外線を吸収する仕組みは化学反応によるものですので、反応した際に刺激が発生する事があります。

また、化学反応を起こした物質そのものも、肌への刺激へとなり得ます。
これらの刺激が、特に敏感肌の人にダメージを与えてしまい、結果として強い日焼け止めを使った後に、肌荒れを起こしてしまうことがあるのです。

ビタミンDを阻害

ビタミンDを阻害紫外線というのは、日焼けダメージや肌荒れなどの人体に有害なイメージが先行しがちですが、人体にとってなくてはならない存在でもあります。

人間が生きていくためには、各種ビタミンが必要ですが、中でもビタミンDの一種は日光の中に含まれる紫外線に当たることで作られるのです。

ビタミンDを生成するために必要な紫外線はUV-Bと呼ばれていますが、日焼け止めクリームはこのUV-Bの吸収をも遮断してしまいます。そのため、強力な日焼け止めクリームを塗りすぎると、ビタミンD不足に陥るリスクがあるのです。

強力など日焼け止めサプリメント比較はトップページで

SPF値について

SPF値について
日焼け止めを選ぶ際には、PAとSPFという二つの指標が大切になります。
SPFとは、サンプロテクションファクターの略で、紫外線の中でもシミやそばかすの原因となる、UV-Bを主に防ぐ効果についての目安数値です。

数値は時間を示している

SPFは一般的に数値が高くなるほど防止効果が高くなり、SPF50が最高値にあたります。
この数値は、人体が紫外線に当たり始めてから、日焼けを始める・炎症が起き始めるまでの時間帯を、どれだけ引き延ばせるかを示したものになります。

個体差はあるものの、一般的に人が紫外線に当たってから日焼けをし始めるまでに15分から20分かかると言われており、SPF50の日焼け止めであれば、これを50倍遅らせることができる、という意味になります。

数値が高いものは日をたくさん浴びるときに

SPFが最も高い50の日焼け止めであっても、完全に日焼けを防ぐことはできず、塗りっぱなしではなく、こまめに塗り直すことが求められてきます。

SPFが高い日焼け止めは肌への負担も高いと言われているため、日常使いにはあまり適さず、海やプールなどのレジャー時や、なかなか塗り直しができないスポーツの時などに絞って使うことが大切です。

クレンジングによる肌への負担

クレンジングによる肌への負担日焼け止めにはウォータープルーフをかなえるために大量の油分が含まれています。
このウォータープルーフ成分を綺麗に落としきるためには、クレンジング剤も強力なものを使うことになります。
 日焼け止め単体がもたらす肌負担に加えて、強力なクレンジング剤がお肌に与える負担もあり、ダブルでダメージ を受けてしまうのです。
もちろんクレンジングが不十分で、肌に成分が残ってしまうと残った成分自体が刺激となり、肌荒れの原因となるので丁寧に確実にクレンジングを行うことが必須となります。

順番に検証してきましたが、シーンと自分のお肌に合わせて、適切な日焼け止めを選ぶことが何よりも大切といえるでしょう。

日焼け止めクリーム・日焼け止めサプリメントの比較はトップページで

\ SNSでシェアしよう! /

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア