1. TOP
  2. 紫外線対策:どれも塗り直しが必須みたい

紫外線対策:どれも塗り直しが必須みたい

紫外線対策としてクリームを塗ったりしますが
本ページでは、

  • 塗り直しの必要性
  • 紫外線対策、塗り直しのタイミング
  • 日焼け止めクリームタイプ
  • 日焼け止め乳液タイプ
  • 日焼け止めジェルタイプ<
  • /ul>
    について紹介します。

    塗り直しって正直、面倒じゃないですか?

    紫外線対策用品にも色々な種類がありますが、どれも一定時間が経過すれば効果が失われてしまいますので、その前に塗り直しが必要です。

    紫外線よけは2時間おきに塗り直ししないと効果がないっていうけど、これってきっちり毎日守ってる人いるの?

    正直面倒ですよね、すぐ忘れるし。

    紫外線対策はいろんなタイプがありますが、それぞれ特徴を調べてみました。

    クリームタイプの日焼け止め
     

    日焼け止めクリームタイプの特徴

    日焼け止めといえばクリームタイプというくらい、商品のラインナップを見てみると日焼け止めクリームが一番多いようです。

    種類が豊富である分自分好みの商品が見つかる可能性も高くなりますし、保湿効果に優れていますので肌をしっとりとさせながら紫外線から守ることができます。

    乳液タイプの同じように乾燥が気になる肌に最適であり、肌馴染みの良さも同様です。

    もっとも大きなポイントは敏感肌に向いている点であり、肌への負担はかなり小さいタイプです。

    化粧下地として利用されることも多く、利用する人の肌タイプを選びません。

    効果のもちは非常に良いタイプであり、規定時間を目安として塗りなおしていれば大丈夫ですが、一つだけ注意しなければならないのがTゾーンです。Tゾーンの脂浮きが酷いと塗り直しが必要です。

     

    日焼け止め乳液タイプの特徴

    乳液タイプの日焼け止めの特徴として、肌の乾燥を防いでくれるのは非常に大きなポイントです。

    乾燥肌の人は日焼け止めを塗ったりメイクをしたりすることで乾燥が悪化してしまうことも少なくありませんが、乳液タイプなら乾燥対策にもなります。

    その上、敏感肌に適したタイプであり、肌に刺激を与える紫外線吸収剤の含まれない商品が多いのも特徴的です。

    肌への負担が気になる場合にはノンケミカルのものを探して利用する人もかなり多いので、その場合は乳液タイプなら探すとすぐに見つかります。

    肌馴染みが良いこともメリットの一つになっており、メイク用品との相性も抜群です。伸びが良いために体への対策としてもしばしば使われます。

    効果のもちは良い方ではありますが、汗をかいた時には流れやすいのでこまめな塗り直しが必要です。
     

    日焼け止めジェルタイプの特徴

    ジェルタイプは肌に塗った後にべたつかずサラッとしていますので、肌のべたつきが気になる人におすすめです。

    伸びが良くて広範囲に塗るのにも最適であり、全身に利用する人もいます。

    刺激となる成分が含まれているケースもありますので、敏感肌の人が利用する場合には成分のチェックが必須となります。
    塗り直しについては、肌への密着度が低い分少し多めの回数が必要となります。

    クリームのように長時間もつタイプではありませんので夏場の紫外線の強い時期に使用する場合にはこまめに塗り直さなければなりません。
     

    飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)徹底比較



    • サプリでUVケアをしたい!

    • できるだけ安く抑えたい

    • 1年中日焼け止めケアをしたい!


    などの欲求を元に、定番の商品はもちろん、サポート体制もしっかりしてる飲む日焼け止めをpickupしました。
    購入後、質問メールを送っても返事がない!
    そんな適当な業者は選んでいませんのでご安心ください。
    ホワイトヴェール

    ホワイトヴェールは、ビューティーアドバイザーとして幅広く活躍する美肌の専門家がプロデュースした話題のUVケアサプリ。

    紫外線サプリに美容成分がプラスされている全身ケアが1日1回の摂取でできる日傘サプリ、モンドセレクションで銀賞を受賞という特徴を持っています。

    原材料にはローズマリーとシトラスが用いられており、これらから抽出した天然ポリフェノールには、高い紫外線防御効果があることが認められています。



    雪肌ドロップ

    白い素肌をいつでも維持したいのは、日本女性たちの希望をすることです。
    雪肌ドロップはサプリメントタイプですから、クールに美しくしっかりと美白ケアにも役立つアイテムです。

    透き通るような美しい素肌を維持するためにも、内側からの栄養が大事であり、美白を守る成分を雪肌ドロップはたっぷりと凝縮をしています。

    植物由来の成分を厳選して選び、配合をしていることも、雪肌ドロップの大きな特徴です。

    肌を白く美しく保ちたいのは日本女性の切実な思いであり、だからといってケミカルな成分ばかりでは、体内へ入れるサプリにしても不安が出てきてしまいます。

    口からの摂取での美しい肌ケアのサプリですから、植物という自然の恵みからの栄養で、肌を守ることができるのは安心感が高いです。


    BLANTE

    BLANTEの場合にはしっかりと高配合されていますので、日焼け止めの効果をきちんと実感することができます。

    シミ・そばかすだけでなく、紫外線がコラーゲンのある真皮まで入り込むと線維細胞にダメージを与えて弾力を失うことになり、コラーゲン線維も緩んでしまってシワやたるみが起こります。

    BLANTEなら活性酸素を上手くコントロールして、肌細胞の本来の力を利用しながら炎症を抑えることができます。

    料はシトラス果実とローズマリーから丁寧に抽出された天然のポリフェノールですので体にも安心です。

    美百花

    紫外線サプリ「美百花」は優れたUVカット効果あります。
    また紫外線以外にも、優れた効果が期待できる商品です。

    優れた抗酸化作用があり、女性の体に欠かせない成分のザクロエキスが豊富に含まれているので、皮膚の細胞の新陳代謝を促進したり、しみ、そばかすなどの色素沈着を防ぐ効果が期待できます。

    「美百花」には、美肌を維持するために、欠かせない成分のクロセチンも含まれています。
    お肌を保護したり、皮膚のターンオーバーを促進する効果が期待できるので、ニキビや肌荒れを防ぐ効果も期待できます。


    P.O.L.Cはたっぷりの美容成分配合。
    「P.O.L.C」は塗るタイプの日焼け止めよりも効果的にUVケアができる上、たっぷりの美容成分による美肌効果もあります。

    そのため飲むだけで肌を紫外線から守りつつ、ハリや潤いを与えることもできるのです。
    そして日本製なので安心して使うことができます。

    簡単に全身のUVケアをしたい方や紫外線ケアだけでなく美肌効果も得たいという方におすすめのサプリメントです。

     
     
     

    日焼け止めスプレータイプの特徴

    スプレータイプはいちいち手にとりませんので使い勝手が良いとされています。

    塗りにくい場所にもさっと吹きかけるだけですので簡単に紫外線対策が行えます。

    ただし、肌への密着度はかなり低く、拭きつけ方によってはムラが発生してしまいます。

    汗をたくさんかくような季節に利用する場合には頻繁に塗り直さなければなりません。
    比較的向いているのは汗をあまりかかない春先などです。

    汗をかかない季節には皮脂によって浮いてしまうようなことも少なくなりますので、密着度の低いスプレーであっても問題なく対処できます。

    日焼け止め 塗り直し

     

    日焼け止めパウダータイプの特徴

    パウダータイプはメイクを仕上げた後にのせるものです。

    塗るタイプは面倒だと感じる人にはとても便利ですが、効果が失われやすいという点には注意が必要です。

    メイクが崩れてきたタイミングでは既に効果はなくなっていますので、メイクをなおしつつ日焼け止めのパウダーも乗せ直さなければなりません。

    落ちやすいために本当に頻繁な塗り直しが必要となりますので、メイクが崩れやすい夏場には面倒に感じてしまうこともあります。

     

    日焼け止めミストタイプの特徴

    ミストタイプもさっとひと吹きするだけで塗り直しが可能です。

    便利で髪の毛などにも使えますので利用の仕方次第ではかなり重宝します。

    ただし、均一に塗るのが難しい点と落ちるのが早いという点には気をつけなければなりません。

    最近ではSPF値やPA値が非常に高い商品も売られていますが、肌への密着が少なければ数値ほどの効果を実感できません。

    湿気の多い季節や汗をかく季節には塗ったすぐ後に落ちてしまうこともありますので、その都度塗り直しが必要です。

    色々な種類がある中でも一番多くの回数の塗り直しが必要なのが吹き付けるタイプであり、パウダーとミストならミストの方がもちは悪くなります。
     

    日焼け止めは季節によって使い分ける必要がある

    日焼け止めは季節によって使い分ける必要があるこのように日焼け止めにも色々な種類がありますが、どれも朝塗れば帰る頃まで効果が持続するというものではありません。

    タイプによって使い分けることで効果的な紫外線対策を行うことができますので、それぞれの特徴をよく理解した上で状況に合ったものを正しく選択することがとても大切です。

     

    夏に向く日焼け止めタイプ

    肌への密着度が高いものは効果が長持ちしますし、汗にも流れにくいので夏場でも安心して使うことができます。

    春に向く日焼け止めタイプ

    逆に密着度が低くて汗に流れやすいタイプは夏場には向きませんので、主に汗をかかない春先などに活躍します。

\ SNSでシェアしよう! /

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア