1. TOP
  2. 恐怖!紫外線が老け顔を加速させる光老化とは

恐怖!紫外線が老け顔を加速させる光老化とは

光老化とは

日焼け止め対策として

  • 光老化と活性酸素について
  • 紫外線でしわ・たるみができるメカニズム
  • /ul>
    を紹介します。

    夏の暑い日には紫外線が多いことは知られていますが、実は紫外線は1年を通して常に降り注いでいて、さらには部屋の中にいたとしても、ガラスなどをすり抜けて肌に届いています。

    そして、そんな紫外線は肌に様々な影響を及ぼしていますので、何も対策をしないでいると色々な形でそのダメージが現れてしまいます。

    先ほどもお伝えをした通り、1年を通して降り注ぐ紫外線ですので、当然対策も1年を通して行う必要があるのですが、では対策をしないでいると、どのような影響が肌に現れてしまうのでしょうか見ていきましょう。

    紫外線は1年を通して常に降り注いでいる

    光老化と活性酸素

    まず光老化ですが、実は肌の老化の原因となっているのは紫外線で、肌に起こる老化現象の約8割が紫外線によるものだとも言われています。

    紫外線を浴びると肌の中に活性酸素と呼ばれる物質が発生するのですが、この活性酸素は体内の錆びのようなもので、人間が発症する多くの病気などにも深く関わっていることが分かっています。

    そして、それは肌にも同様にダメージを与えていきますので、肌のハリや弾力などを保っているコラーゲンやエラスチンといった成分を破壊してしまいます。

    紫外線でしわ・たるみができるメカニズム

    紫外線でしわ・たるみができるメカニズム

    これらの成分が破壊されることによって、老け顔に見えてしまう症状が次々と発生していくのですが、ではどのような症状があるのでしょうか見ていきましょう。

    まず紫外線によって体内で活性酸素が発生したことによって、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を作り出す成分が破壊されてしまいます。

    そうなれば、当然肌の張りや弾力が失われてしまいますのでしわ・たるみが増加してしまいます。

    紫外線の種類:UV-A
    紫外線には種類があるのですが、波長の長いUV-Aが約95%を占めています。

    その95%のUV-Aは肌の奥深くにある真皮層にまで到達しますので、肌のハリや弾力を作り出すコラーゲンやエラスチン、さらにはヒアルロン酸といった成分を破壊して、その結果、しわ・たるみを生み出してしまいます。
    それが光老化です。

    シミ・そばかす

    紫外線の種類:UV-B
    次に紫外線によって引き起こされる老化現象ですが、それはシミ・そばかすになります。先ほど紫外線には種類があるとお伝えをしましたが、紫外線には波長の短いUV-Bという種類の紫外線があります。

    このUV-Bが残りの約5%を占めているのですが、こちらは多くが肌の表面で吸収されてしまいますので、肌の奥深くの真皮層にまで届くことはあまりありません。

    しかし、エネルギーとしては先ほどご紹介したUV-Aよりも強いエネルギーを持っている為、肌表面に浴びるだけであっても細胞を破壊して肌の老化、光老化を進行させてしまいます。

    UV-Bは肌表面にダメージを与えることで、肌には③シミ・そばかすができてしまいます。

    また肌は紫外線を一度でも浴びてしまうと、それを記憶して時間をかけてシミやそばかすを作っていきます。

    特に顔は常に外に出ている部分になりますので、シミやそばかすができやすい部分でもありますので、やはりしっかりとした対策をする必要があります。

    紫外線の種類 UV-A UV-B

    紫外線は乾燥肌を作る

    まだまだ紫外線が肌に及ぼす影響はあります。
    それは乾燥肌です。
    上記でお伝えをしたしわ・たるみや、シミ・そばかすは紫外線によって起こる事は知られていますが、実は乾燥肌も紫外線が原因で起こる可能性があります。

    通常、肌は皮脂で出来たバリアによって肌の水分を閉じ込めたり、外からの刺激から肌を守ったりしているのですが、紫外線を浴びることによって、このバリアも破壊されてしまいます。

    バリア機能を失った肌

    するとバリア機能を失った肌は充分な水分量を維持できなくなり、どんどんと肌の水分量は低下してしまいます。
    そうなると肌は乾燥が進んでしまいますので、乾燥肌になってしまうという事です。

     また肌のバリア機能が失われていくと、それを感じた肌が角質を溜め込んで肌を守ろうと働きます。  すると角質が厚く肌を覆ってしまい、スキンケアを行っても肌に浸透しづらくなり肌を保湿しようにも上手くいかなくなってしまいます。

    そして肌のバリア機能が失われていくと、さらに紫外線が肌の奥深くにまで届くようになってしまい、乾燥肌はもちろん、先ほどご紹介した老化現象も進行させてしまいます。

    悪循環をまねく光老化

    このように紫外線を浴びるだけでも様々な影響を肌に及ぼしていきますので、それが悪循環を招いてどんどんと状態を悪化させる恐れがあります。

    紫外線はもっと怖い病気の原因になることも
    紫外線一つで、光老化をはじめこれほど多くのトラブルを引き起こす可能性があるのですが、実はさらに深刻な症状を引き起こす恐れもありますので、お伝えしていきます。

    それは皮膚がんです。
    皮膚がんは紫外線を浴びることによって基底細胞の遺伝子が傷付いてしまいます。
    すると傷付いた遺伝子は修復されますが、大量の紫外線を浴びた場合には遺伝子の修復が追い付かない場合があります。

    すると傷が治らなかったり、免疫力が弱い場合には間違って修復してしまう場合もあります。
    その間違って修復された遺伝子が皮膚がんとなって現れてしまいます。

    発症数は50歳を超えると多くなりますが、実は細胞分裂の回数が多い子供も発症率が高くなりますので、皮膚がんだけではなく、それ以外のトラブルから避ける為にも、小さい頃から紫外線対策をした方が良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア